ahamo:ドコモ、povo:au、LINEMO:ソフトバンクのスマホ新料金プランと楽天モバイルを比較してみた
adsense

※記事中の金額はすべて税込金額です。

自宅にWiFi環境があれば、大容量のスマホなんて必要ない。20GBも多いくらいだよ。10GBで、通話料10分込無料、デザリング無料、税込1,650円。5Gじゃなくても4G、3Gでいい。回線速度も15Mbpsあればいい。

結論から言うと、日本通信SIMが一番いい。10GBじゃないけどね。合理的20GBプランなら、データ通信料20GB、無料通話70分、デザリング無料、月2,178円。Wスマートプランなら、データ通信料3GB、無料通話70分、月1,738円。1GB追加料金250円で30GBまで使用できる。


■日本通信SIM(公式サイト)


アメブロろまんなら、Wスマートプランの3GBで大丈夫だ。70分の無料通話もうれしい。別に5G使えなくてもぜんぜん問題ありません。

あ、また記事タイトルと違うこと書いてしまった。では、本題です。

ahamo:ドコモ、povo:au、LINEMO:ソフトバンクのスマホ新料金プランと楽天モバイルを比較してみた・・・・・てなタイトルで記事を書くと、楽天モバイル推し!って思われるけど、そうじゃないんだよね。

ahamo:ドコモ、povo:au、LINEMO:ソフトバンクと楽天モバイルは違うんです。だから、あえて分けてみました。ドコモ、au、ソフトバンクは自前の回線を持っています。だから、安定したデータ通信が提供できます。でも、楽天モバイルは自社回線の普及はイマイチ、それをカバーするためにau回線を使用しています。ってことは、格安SIMと同じじゃん!ってことで、3社とは別の扱いで記事を書いています。

楽天モバイルは、3社の料金が高い! ってことで、宣戦布告をしたんだけど、3社が新料金プランを発表したので、楽天モバイルも3社の料金プランとの比較みたいに世間では捉えられています。でも、違うんだよね。

なので、楽天モバイルは、ドコモ、au、ソフトバンクと比較した方がイイー! かと思います。でも、今回は楽天モバイルの料金がお安いので3社の新料金と比較してみたいと思います。

では、3社+楽天モバイルの利用料金をそれぞれ見てみましょう。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天の料金一覧です。ドコモ、au、ソフトバンクがデータ使用料月20GBとしているのに対して、楽天は小刻みに値段設定しているのが特徴です。ここからもわかるでしょ。楽天モバイルは、3社の新料金ではなく、大容量を意識した料金体系ということが。

ahamo(ドコモ)

基本料金 2,970円 20GB 5分間通話無料 海外ローミング20GBまで デザリング無料 事務手数料0円 送料0円  
オプション料金 1GB追加550円 かけ放題1,100円 
対応 オンラインのみ

■ahamo(公式サイト)

povo(au)

2,728円 20GB 20GB超過時の速度:最大1Mbps デザリング無料 
オプション料金 1GB追加550円 5分以内通話かけ放題550円 通話かけ放題1,650円   データ使い放題24時間220円   
対応 オンラインのみ

■povo(公式サイト)

LINEMO(ソフトバンク)

2,728円 20GB(※時間帯により速度制御の場合あり) 20GB超過時の速度:最大1Mbps LINEギガフリー(対象外サービスあり)
オプション料金 1GB追加 550円 5分以内通話かけ放題550円 通話かけ放題1,650円(通話オプション割引キャンペーン:「通話準定額」が1年間無料、「通話定額」は、1年間月額1,000円(税抜)に)※「スマホプラン」に加入されてから1年間(通話オプションに加入されていない期間も含む)
対応 オンラインのみ

■LINEMO(公式サイト)

楽天モバイル(楽天)

0GB~1GB:無料(0円) 1回線のみ 2回線~ 1,078円 1GB超過後~3GB 1,078円 3GB超過後~20GB 2,178円 20GB~無制限 楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題 3,278円 楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題 パートナー回線エリア(国内)5GB超過後は最大1Mbpsでデータ使い放題 パートナー回線エリア(海外)2GB超過後は最大128kbpsでデータ使い放題 アプリ使用で通話0円 デザリング無料
オプション料金 1GB追加550円
対応 店舗 オンライン



※2021年4月7日(水)23:59までの申し込みで、「1年無料キャンペーン(2022年1月31日まで無料)」で月々のプラン料金が1年間無料!いまのお申し込みが断然おトク。プラン料金最大2,980円/月、お1人様1回線1度のみ1年無料。製品代、オプション料、通話料等は別費用。

adsense

3社と楽天モバイルを比較した結果

データ使用料を利用者のスマホ利用にあわせた楽天モバイルはなかなかいいかもしれません。自宅にWIFI環境があれば20GBも必要ありませんから。各社提供の20GBで比較しても2,178円と楽天が一番安いです。専用アプリを使用すれば通話料も無料です。

つまり、月20GBも使えて、通話料込で月2,178円は超お得です。しかも、対応はオンラインだけでなく、店舗での対応も可能なのはうれしいです。

さらに2021年4月7日(水)23:59までに申し込めば、1年無料キャンペーンで2022年1月31日まで無制限プラン(3,278円)が無料で使用できます。ただし、20GB超えは最大1Mbpsとなります。

楽天モバイルで決まり! って、ネット上では楽天モバイル推しブログや記事が多くみられますが、楽天回線使用できるか否かがポイントです。楽天回線が利用できるなら、他社に比べすばらしいと思います。しかし、パートナー回線(au)なら5GB以上で1Mbps使い放題・・・・・5GBだと2,178円か。それなら、5GB使用まで2,178円にすればいいのにね。

楽天モバイルでパートナー回線だと、5GB以上利用すれば1Mbps。いやいや、これってなんだかなーです。この速度ならデザリングで複数の端末で利用するのは無理です。

やっぱ、サクサクスマホを利用したいじゃん! でも、1Mbpsでも十分かも!?  メールやLINEを使う場合は1Mbpsで問題ありません。Webサイトを閲覧する場合、画像や写真がタコさんあるサイトなら最低3Mbpsは必要。でも、テキストがメインのサイトなら1Mbpsでも大丈夫です。動画を視聴する場合は、一般的に5~20Mbpsが目安と言われています。でも、スマホならYouTubeは解像度をSD 480p(1.1Mbps)、SD 360p(0.7Mbps)にすれば大丈夫です。

1Mbpsでも意外と使えるんですね。パートナー回線はauなので、楽天モバイルが使えないことはないと思います。しかーし、やっぱ楽天回線を利用したいですね。楽天のサービスエリアは下記サイトで確認できます。


■楽天モバイルサービスエリア(楽天モバイル公式サイト)


ちなみにアメブロろまんが住んでいる地域は楽天回線でした。ド田舎なのにね。ソフトバンク回線がつながらないのに・・・・・楽天回線地域とは不思議だ。東京でもパートナー回線ってなんなん!? って、思いますけどね。

4月7日までに申し込めば、2022年1月31日まで無料で使える。子供のスマホデビューにはいいかもしれません。

じゃ、アメブロろまんが楽天モバイルを使うかというと、使いません。今回紹介した3社なら、ahamoかな。

楽天回線のサービスエリアでない人は、ahamo:ドコモ、povo:au、LINEMO:ソフトバンクのどれがお得か? まとめてみてみました。

ahamoがイイー!

やっぱ、ドコモのahamoだと思います。ドコモ回線だしね。しかも、5分間の通話料込みで2,970円はいいねだよ。残り2社は、データと音声通話をオプションにしているけど、povo:auはないな。通話に関しては、LINEMO:ソフトバンクはLINEを使用することで無料。LINEのデータ量はほぼ無料(一部を除いて)だしね。

でも、アメブロろまんはLINE使用していないので、通話は550円プラス。いやいや、ふつうLINEしているでしょう!? いえいえ、LINEなんかしてませんよ、今後もする予定はありません。なので、LINEをしない希少種アメブロろまんのような人にはあまりメリットありません。

料金的に言えば、ahamo:ドコモ、LINEMO:ソフトバンク、povo:auです。回線の信頼性、通話込みで言えば、ahamo:ドコモです。LINE使っている人なら、LINEMO:ソフトバンクかな。ただ、LINEMOは相手もLINEを使用していれば通話料は無料になりますけど・・・ですね。

意外とスマホの通話料って高いのよ。データ使用量の値下げばかりに目がいってますが、実は通話料とスマホ本体が高い。そう、スマホ本体が一番高い。なんであんなに高いのかわけがワケワカメです。しかも、いらん機能ばかりついて、使いこなせない機能なら省いて安くしてほしいもんです。って、日本の家電、ガラケーで言われてたやん。なんでスマホはOK牧場なん!? ようわかりま千円です。

日本通信SIMがやっぱ最高

はい、今回ドコモ、au、ソフトバンクの新スマホ料金サービスと楽天モバイルを紹介しましたが、記事の最初に紹介した日本通信SIMが一番よかったのではないでしょうか。5Gは

使えませんけど。5G、5G、5Gなんて騒いでいますけど、まだまだ環境が整っていません。5G環境が整っていないのに5G対応スマホなんて購入しても猫に小判、真珠に豚です。


■日本通信SIM(公式サイト)


今回の記事は、自宅にWiFi環境があるという前提で記事を書いています。なので、自宅にWiFi環境がない人は、大容量のスマホ契約がイイー! と思います。そうなると、楽天モバイルは、選択肢から外れますね。無制限に使えるけど20GB超えたら1Mbpsだもんね。パートナー回線だと5GB超えたら1Mbpsだもんね。デザリングなんかできないじゃん。

やっぱ、速度が安定した3社の大容量になるかなと思います。もしくは、光回線を契約、WiMAXを契約だね。ポケットWi-Fi、モバイルWi-Fiはヤメた方がいいです。ただいま、問題発生らしいので・・・・・・・

adsense