格安スマホを比較した結果、OCNモバイルONEと日本通信SIMが最強!
adsense

総務省のスマホ料金見直しで、スマホの通信費がとてもお安くなりました。でも、スマホ本体の価格は・・・・高くなりますが、安くはなりません。ほんとうは、スマホ本体の値段をなんとかして欲しいのですけどね。

で、このブログでいろいろとスマホ料金のことを調べて書いているうちにOCNモバイルONEと日本通信SIMが、最強であることに気づいちゃいました。あ、アメブロろまんの最強とは利用料金です。つまり、最強とは利用料金が一番安いということです。


■ 日本通信SIM 公式サイト





エリアの広さが、通信速度が・・・・・住んでいる地域によっては異なると思いますが、OCNモバイルONEと日本通信SIMはドコモ回線を使用しているので利用できるエリアに問題ありません。速度に関しても、5Gは使えませんが4Gで問題なく使えます。アメブロろまんの経験値で言えば全く問題ありあせん。OCNモバイルONEはアメブロろまんが利用しています。日本通信SIMは嫁、妻、奥さんが利用しています。

20GBのデータ通信なら日本通信SIMが最強

20GB以上のデータ通信を利用するのであれば格安スマホはヤメた方がいいです。なんでかというと、料金が高いからです。格安スマホを選択するのであれば、10GB以下です。

ただ、日本通信の合理的20GBプランは別格です。月2,178円で、データ通信が20GB利用できます。データ追加は、1GBあたり250円で30GBまで追加できます。国内通話は、ひと月70分まで無料で利用できます。70分以降は30秒10円となります。通話は、アプリを利用しなくても大丈夫です。


■ 日本通信SIM 合理的20GBプラン


大手キャリアのドコモ新料金プラン「ahamo」は、20GBのデータ通信と1回5分の通話が無料で月2,970円です。5G利用可能。

ahamoは5G使えますが、日本通信と比較するとその差は792円です。1年間だと9,504円になります。5G、5Gって騒いでいますが、5Gを利用するにはエリアと5G対応スマホが必要です。スマホは買えばなんとかなりますが、エリアは個人の力ではどうしようもないです。

現時点では、格安スマホだけでなく、大手キャリアも含めて、日本通信SIMが20GBプランでは最強です。

日本通信SIMのWスマートプランも最強

日本通信SIMには、合理的20GBプランと、合理的かけほプラン、Wスマートプランがあります。合理的20GBプランは最強でした。


■ 日本通信SIM 合理的かけほプラン

■ 日本通信SIM Wスマートプラン


合理的かけほプランは最強じゃなった(OCNモバイルONEが最強でした)。

Wスマートプランは条件付きで最強です。Wスマートプランは、月3GB、月70分間の通話が無料、健康アプリがセットになったプランです。料金は、1,738円です。

データ通信10GB以下なら、OCNモバイルONEが最強!

データ通信10GB以上は、格安スマホを選択するメリットはありません。理由は高いから。それと、大手キャリアが新料金で20GBプランを発表したので、そことの差別化を図る意味で格安スマホは10GB以下のプランに特化したサービスを展開しています。

ただし、アメブロろまんの最強の基準は料金です。圧倒的にOCNモバイルONEが安いです。





1GB/月コース:770円、3GB/月コース;990円、6GB/月コース:1,320円、10GB/月コース:1,760円となっています。通話は、30秒11円です。通話のかけ放題プランもあります。10分かけ放題は935円、よくかける相手先3つの通話代が無料になるトップ3は935円、完全かけ放題は1,430円となっています。

adsense

※OCN光回線を利用で、上記の金額から220円OFFになります。(契約回線ごとの割引です。2回線なら440円の割引)

※4月7日以降、OCNでんわが発信可能な日本国内通話であれば、でんわアプリを使わなくても自動的にOCNでんわのご利用となります(11秒/30円)。

ちなみにアメブロろまんは、OCNモバイルONEの1GBコースを利用しています。なので、4月から770円・・・じゃなくて、550円になります。それは、OCN光を利用しているからです。

日本通信SIMで、月3GB、月70分間の通話が無料、健康アプリセットのWスマートプラン(1,738円)があります。

OCNモバイルONEの3GBコースに10分かけ放題をオプションで付けると、1,925円になります。光回線に加入していると、1,705円になります。光回線に加入している、していなかがポイントですね。

ちなみに我が家の嫁、妻、奥さんは、長電話をよくするので、日本通信SIMの合理的かけほプランを利用しています。料金は、2,728円です。データ通信3GBで、通話は完全かけ放題です。電話もアプリを使用しなくてもOK牧場です。

OCNモバイルONEの新プランが発表されるまで、日本通信SIMの合理的はけほプランが格安スマホのかけ放題プランでは最強でした。

OCNモバイルONEの3GBコースに完全かけ放題をオプションで付けると、2,420円になります。日本通信SIMの合理的かけほプランよりも308円安くなります。さらに、我が家ではOCN光を利用しているので2,200円(2,420-220)になります。日本通信SIMの合理的かけほプランよりも528円も安くなる。しかも、通話は4/7からアプリを使用しなくてもOK牧場です。

10GB以下のプランなら、OCNモバイルONEは最強です。

個人的には、10GBでも多いかなと思っています。だって、アメブロろまん月1GBだもんね。まず、外で動画なんて見ません。ひまつぶしに、ネットの閲覧、ゲームぐらいかな。自宅では、PCやPS4、スイッチ等ネットをガンガン利用しますけど・・・・

多くの家庭が光回線を利用してます。一人暮らしでも光回線無料のアパートがけっこうあります。大学生なら、無料Wi-Fiがほとんどの大学で利用できます。ってことは、大容量データ通信プランって必要なのか!? と考えちゃいます。

OCNモバイルONEの契約は今じゃない、契約は〇〇日に

月に20GB必要。で、スマホのデータ利用料を抑えたい人は、迷わず日本通信SIMの合理的20GBプランです。契約は4月以降がいいと思います。4月からMNPの転出料が無料になります。できるだけ余分な出費は控えた方がいいと思います。

10GB以下は、OCNモバイルONEです。日本通信SIM同様4月以降に契約・・・・・それは、違います。OCNモバイルONEと契約する場合は、スマホ本体安売りキャンペーンの時です。Androidスマホが1円、iPhoneがお安く買えるキャンペーンが、4半期に1度あります。ちなみにアメブロろまんは、iPhoneSE(初代)32GBを2,200円、iPhoneSE(初代)128GBを4,070円、iPhoneSE(第2期)を30,690円で購入しました。





そう、OCNモバイルONEはスマホ本体のバーゲン時に契約する。これが、常識です。と、アメブロろまんは勝手に思っています。

だって、スマホ本体の料金、高いからね。格安スマホでスマホセットをいろいろ調べましたが、OCNモバイルONEでのiPhoneSE(第2期)が一番安かったですね。iPhoneSE(第2期)は、5G利用できませんが、カメラ機能をのぞくと11とほぼ同じの性能です。なので、アメブロろまん的には一番の推しiPhoneです。Androidはよくわかりませんが、中国、韓国製以外であれば問題ないと思います。

OCNモバイルONEと契約するのは、スマホ本体のバーゲンセール(キャンペー)の時です。これ、試験に出ます。


adsense